2017年06月26日

ミニトマトのプランター栽培 〜 キャロルツリー


プランター栽培のスター選手でありながら、失敗も多いというミニトマト

我が家のベランダでもうまくいったり、うまくいかなかったりと、毎年どうしようか迷う存在だったりしますが、成功した例が多くないとスター選手にならないはず。

空いてるプランターがあるなら、あんまり難しく考えずに育ててみようと思います。


DSC08419.JPG


まぁ、そんなことをブツブツ考えながら近所のホームセンターのガーデニングコーナーに行くと、 ”キャロルツリー” という種類の苗がありました。

ポップを見てみると



節間が短く葉がコンパクトで、草丈も1m程度なのでベランダなど狭いスペースでミニトマト栽培を楽しむことができます。




とのこと。

これは良い。ベランダのプランター栽培に最適!!

よく育てやすいと書かれている他の節木苗には脇目も振らず買って帰ります。

植え付けは、普通の 65型プランターに2株

3株植えるというサイトもあったりしますが日当たりの悪いウチのベランダは2株かな。


DSC08418.JPG


植え付けてときの苗は頼りないので、苗の横に支柱を立ててあげました。

サカタのタネのサイトを見てみると支柱を立てる時期はもう少しあとのようですが、我が家のマンションのベランダは風が強いので早め早めに。折れてからだと遅いからね。








植え付けから2〜3週間ぐらいすると、花が咲いて小さな実が付いてきました。


DSC08416.JPG


育ててみてわかりましたが ミニキャロル は、幹が太い!

ガッシリとして高さが1mで収まるので、適当なサイズになったら摘心しなくて良いのは気が楽です。


DSC00715.JPG


育った姿を見ていると、ポツポツと実が増えてますね。

多分、赤くなった実は一番果がそのまま熟したものでしょう。


DSC00711.JPG


なんだかんだいって食べれそうになるには実がつき始めてから30日位は必要そうですね。

他にも膨らんできた実を見ましたが、尻枯れ病は出ておらず今年の苗は安心して食べられそうです。


DSC00709.JPG


幹の4節ぐらいに花が咲いたら追肥の目安だそうなので、一握りぐらい肥料を追肥しておきました。


住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 700g

新品価格
¥490から
(2017/6/25 21:43時点)





隣の苗も順調に実がついてますね。


DSC00712.JPG


早く実が熟して食べれないかな〜と思っていたら、

『アレ?実がない。』

妻も食べてないとのことでしたので、どうもトマト好きな愛犬が食べてしまった模様。

なんかベランダに出たときに口をモゴモゴ動かしていたのは、そのせいか。

一番初めのミニトマトが食べれなかったのは残念ですが、まだまだ沢山あるので、これからの収穫が楽しみです。








posted by コヒ at 00:00 | Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月18日

ビワの収穫。美味しくいただきました。



ベランダで育てている ビワ の茂木さんですがようやく収穫の時期を迎えました。


DSC09568.JPG


そういえば去年の冬から、ビワについてはいくつか記事書いてますね。

枇杷(ビワ)の開花

鉢植えのビワの摘蕾と摘果

ビワの摘果と袋掛け


その間、2〜3個のプランターで育てているレタスなんかは全く記事にしていないところを考えると、やっぱり実がなる果樹は興味があったんでしょうね。








収穫までの様子をちょっと振り返ってみると・・・


【摘果後】

DSC07974.JPG


【袋掛け】

DSC08337.JPG


【袋掛けしたあとでちょっと覗き見】

DSC09549.JPG


【さぁ、収穫!!】

DSC09553.JPG


毎日みているとあまり代わり映えしないんですが、並べてみると実がオレンジになって大きくなる様子がわかりますね。

充分色が付いたのを見計らって枝から収穫。

収穫自体は力もいらずにポキっといけました。


DSC09568.JPG


味はというと・・・甘くて美味しい!!

甘いけどそんなに甘すぎず爽やかな風味の実になっていて、自分でもびっくりするぐらいの出来栄えでした。

といっても、今までビワを食べた記憶がなかったので、本当に初めての体験だったのかもしれません。

来年は、もう少し早めに摘果を行って、もう少し大きな実を収穫したいところです。

収穫前に危ないこともありました。

ある日の早朝、聞いたことがない鳴き声で目をさますと、ハトがビワの木のそばでウロウロしてます。

翌日もいたのでやはりビワ狙いの模様。ちょっと近づいただけでは逃げないという都会のハトが2羽。

しかし、どうやってビワがなっていることに気づいたんでしょうか?

大群で襲来されたらひとたまりもないので、急いでビワを収穫することに。

翌日からパッタリと来なくなりました。。。やっぱり袋掛けは大事ですね。








posted by コヒ at 16:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月17日

ニュードーンの開花 〜 2年目

つるバラの ニュードーン が開花しました。


DSC09519.JPG


これで我が家のベダンダガーデンのバラの開花は一段落。

今年の開花期間でニュードーンが一番先に咲いて、一番最後まで花が楽しめましたね。








冬に誘引してからしてから様子を見てましたが、去年に比べると、枝が伸びる数が多かった気がします。

つるバラ(ニュードーン)の誘引と剪定


気のせいかもわかりませんが、つるバラを育てるのに慣れてきたのかな?やはり結果が伴うとうれしいもんです。

枝が伸びると、その先は幾つもの蕾がつき始めます。


DSC08406.JPG


この蕾の数が多いのもニュードーンの特徴でしょうか。

何度もいくつも見ているんですが、蕾が膨らんくると、やっぱり嬉しい気分になります。





ニュードーンは、この花びらが開ききる前の感じが一番好きかな。


DSC09479.JPG


形が良いのですが、ニュードーンは花が散るのが早いので見逃さないように写真にとっておきましょう。


DSC09485.JPG


一つ開花すると他の蕾もポツポツと咲き始め、


DSC09475.JPG


そこから一気に咲いて満開に。そして散るのが早いので、まるで桜みたいですね。


DSC09519.JPG


そういえば、ニュードーンは横浜イングリッシュガーデンで入り口のトンネルアーチに使われていました。

きっと花数が多いので、咲いている期間が短くても開花期間が長いんでしょう。

何だかんだいって一番丈夫なニュードーン。次の開花に期待して、お礼肥をしておきました。









posted by コヒ at 22:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする