2018年05月12日

羽衣ジャスミンの開花(2018)

今年も羽衣ジャスミンが開花しました。


DSC08053.JPG



去年から比べると一回り葉っぱや花のボリュームが増えたでしょうか?

羽衣ジャスミンの開花(2017)


我が家の中では羽衣ジャスミンは本当に優等生。このマンションのベランダは日照時間が短いので大していい環境じゃないと思ってますが、ほっといても2mを超える高さまで成長してくれてます。

それに土を変えなくても枯れる様子も無いし、いつも緑で青々しいし、冬になってもそんなに枯れることはない。

そして一番の特徴は、開花の様子と香り良いこと。


DSC08055.JPG



このくらい開花するとベランダ中でジャスミンの香りが楽しめますね。


風向きが良ければリビングにも香りが届くことも。


DSC08057.JPG


一斉に開花している様子を楽しむためにベランダにコーヒーとノートPCを持ち込んで、ぼーっとするのが幸せだったりします。

やっぱり育てていて良かった。


ま〜〜〜、強いて言えば花が散るので、咲いたら咲いた分だけ掃除が面倒なことかな。

春は風の強い日が続くと他の植物の葉っぱも散ったりするので、ついで掃除しとけば気になんない程度だけれども。

花が散ったら来年も開花してくれることを祈って、お礼肥を与えておきましょう。

自然とお礼肥って感覚も出てきました。一年経って自分も成長しているのかもしれません。








posted by コヒ at 13:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月17日

ディアゴスティーニ風のねこあつめを作ってみた


ちょっと前にテレビを見ていたらディアゴスティーニで羊毛フェルトの創刊号を紹介していました。

隔週刊ニードルフェルトでねこあつめ

そういえば、去年ちょっとハマった羊毛フェルト。

100均の羊毛フェルトを作ってみた 〜アルパカ〜

気になってHPを見ていたら『これ、雑誌を買わなくっても作れるんじゃないかな?』と思ってチャレンジしてみました。







ディアゴスティーニで使っている材料の特徴としては、羊毛部分にフェルト専用の”アクレーヌ”というものを使っているようです。

ホームセンターに行ってみたら取扱があったので購入してみました。500円ぐらいですかね。


DSC06701.JPG


けっこう量がはいっています。”ねこあつめ”だったら10体ぐらい作れそうな気がしてきました。


ハマナカ アクレーヌ 10色セット H441-142-2

新品価格
¥600から
(2018/3/17 11:39時点)




ホームセンターに売ってませんでしたが10色セットが欲しかったかも。

商品のポップにすごくまとまりが良いと書いてあるとおり、使ってみると100円ショップ(DAISO)のキットに入っている羊毛とは全然違う手触りでまとまりが早い。


DSC06700.JPG

チクチクするのも楽だし。アホ毛みたいにピョーーんと跳ねる箇所も少なくて楽ちんです。

チクチクすること早2時間。なんとか完成!!

HPしか情報がないので細かい部分はわかりませんが、思ったより早く出来た気がします。

目はフェルトシールというものを利用して貼り付けました。

シールだけでも良いんですが、密着感が足りないのでボンドでくっつけた方が良いですね。

口もフェルトシールを切ってそれっぽくしましたが、中々うまくいかない。事務用のハサミの限界かな・・・細かく切れるハサミが欲しい・・・


DSC06707.JPG


さらに翌日、HPに色違いで簡単に出来そうなねこがいたので作ってみました。

灰色の部分は、100円ショップの余った羊毛を再利用です。


DSC06711.JPG


2体仲良くご飯を食べる図。


DSC06716.JPG

100円ショップのキットを使っているときは、けっこう材料がアバウトに入っているので、こんだけ使うと最後まで持たないんじゃないか。という不安がありましたが、今回は材料が豊富なので安心してボリュームアップしたりできました。

ちなみに・・・創刊号が299円なので1体だけ作るならそっちのほうが安上がり。


ニードルフェルトでねこあつめ 創刊号 (しろねこさん) [分冊百科] (キット付)

新品価格
¥299から
(2018/3/17 11:38時点)





2体以上作ってようやく元が取れますね。

材料の違いで作りやすさもだいぶ変わることに気づけたので楽しかったかな。

また、HPみながら簡単そうなねこをつくってみようとおもいます。







posted by コヒ at 11:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年03月05日

鉢植えバラの植え替え

去年、ズボラな土の植え替えで済ませてしまったので、今年はきちんと土を入れ替えてあげようと思います。

つるバラの鉢植えの植え替え

去年、土の異臭騒ぎを起こしたこともあり、今年の土はちょっといい感じの土をセレクトしました。


DSC05893.JPG


花ごころ バラの土 12L

新品価格
¥765から
(2018/3/5 22:00時点)





植え替え後に水をやって見たんですが、この土、良いです!!

水がね、すーーーーっと浸透して流れる感じが素晴らしい。








もう少し高めの京成バラの土を、初めて使ったときに感じたと同じような感覚です。


プロトリーフ 京成バラ園の土 12L

新品価格
¥1,070から
(2018/3/5 22:03時点)





値段も3/4ぐらいだから、これで普通に育ってくれたら最高なんですけどね。今年の成長具合が楽しみです。

今回、植え替えるニュードーンです。


DSC05895.JPG


初めて買ったバラなのに、すくすくとよく育ってくれてます。


DSC05899.JPG


本をみると、『根本を持って一気に引っ張る。』と抜ける・・・そうですが、全然抜けない。

一応、水やりを控えて乾燥させたはずなのにダメみたいですね。


DSC05900.JPG


とりあえず、100均のハサミを使って缶詰を開ける要領で隙間を開けていくことにしました。

一周しても抜けなくて、2周目でようやくグラつきました。


DSC05901.JPG


おぉぉぉ〜、根がビッシリ。


DSC05902.JPG


底までビッシリ根が張ってます。

このまま行くと根腐れしてしまうんじゃないかと心配するぐらいの成長ぶり。

やっぱり、2年に一度は植え替えしないといけませんね。


DSC05906.JPG


1/3ぐらいにすると良いそうなので、下の方の根をブチブチちぎって長さを揃えてました。

上の方の土には苔や雑草が伸びているので、コリコリとハサミの先を使って土を落とすといいそうです。


DSC05911.JPG


土を入れて無事に終了。

根が伸びるスペースを確保できたので一安心!!

土は入れ替えたけど、枝の部分はそのまま。多少は枝を整理するけど、このままで大丈夫なんだろうか?

という疑問は残りましたが、今年の成長ぶりを見守りたいと思います。










posted by コヒ at 22:34 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする