2016年05月31日

ベランダガーデニング 〜 (2016年) 5月 〜


我が家の5月のベランダガーデンの様子です。


DSC00056.JPG


5月も半ばすぎると、長く咲いていたパンジー・ビオラが散って、緑色が多くなり、色味的に少し寂しくなりましたが、バラの開花が続きそんな気分よりも嬉しさの方が勝っている気がします。

それと、4月にはリビングから見て右側に羽衣ジャスミンが満開でしたが、バラは左側にあるので最近の視線の先は左側のバラを見ることが多くなりました。


DSC00057.JPG


つるバラの ルージュピエールドゥロンサール は、5月一杯咲いていたでしょうか。


DSC00023.JPG


真横に誘引したつるバラなので、花が付いたら横から見ると見ごたえがあります。

花付きが良かったのは新しい枝。やっぱり元気がいいんでしょうね。

そうなると、古い枝は誘引せずにカットした方がいいんでしょうか・・・


DSC00004.JPG


開花から意外?と粘って咲き続けているのは、マーガレット。

バラを見たせいか、去年から持ち越して枝を新しくしたから咲き続けているのかな?とか思ってしまいます。


DSC00465.JPG


ちょっと名前は忘れたんですが、ワイヤーネットで育てている多年草。

花は派手じゃないけど、ポツポツ咲いてくれるので目を楽しませてくれる存在かな。

虫とかもつかないので、手間もかからないのがオススメ。名前がわからないけど・・・


住友化学園芸 オルトランDX粒剤 1kg

新品価格
¥1,030から
(2016/5/29 00:08時点)




住友化学園芸 オルトランDX粒剤 200g

新品価格
¥850から
(2016/5/29 00:09時点)





そういえば、アブラムシが増えてきたのでオルトランを撒きました。

撒くだけで効き目が長いのが嬉しいところ。

楽なのを選んで手間を減らすことが、気楽に続けるために必要なことだと思います。

ただ、野菜に使うか、ちょっと悩むんだよなぁ。。。

まぁ、アブラムシとかの被害にあってからどうしようか考えましょうか。










posted by コヒ at 06:00 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月27日

ビブラマリエ(バラ)の開花


楽しみにしていた 【 ビブラマリエ 】 が開花しました。


DSC00026.JPG


悩んで悩んで今年2月に購入した ビブラマリエ でしたが、評判どおりの花を咲かせてくれました。

本当に真っ白な色です。

これぞ、バラ。 綺麗だな〜と見とれる形。

大きさは、ルージュピエールドゥロンサール より一回り大きくテニスボールぐらいでしょうか。


DSC00029.JPG

バラ苗 ビブラマリエ! 国産大苗6号スリット鉢 ハイブリッドティー (HT) 四季咲き大輪 白系

新品価格
¥3,024から
(2017/4/8 13:32時点)




バラ苗 京成バラ 【ビブラマリエ! (FL) 中輪 四季咲き】 2年生接木大苗 スリット 鉢植え 2年間植え替え不要 薔薇 ローズ 京成バラ園

価格:2,896円
(2017/5/22 22:15時点)
感想(0件)





枝の先端には複数の蕾が付きますが、やはり一番大きい花が付くのは真ん中の蕾でした。

香りは強香というのがすぐわかるいい匂い。花が大きいので鼻をつっこんでモフっとした感触がきもちいいです。

2月に植え付けた時は、15cm〜20cぐらいだったのですが、


DSC07419.JPG


いまは、立派に1mぐらいに育ったでしょうか?


DSC00032.JPG


ぐい、ぐい、ぐいーーーんと、力強く育ってます。

バラも3ヶ月でここまで伸びるんだ!という感じ。枝の太さは、支柱と同じぐらいの太さでしょうか。


DSC00026.JPG


バラを育てていると5月からは本当に楽しいシーズンと感じるようになりました。

ビブラマリエ も蕾もついているので、まだまだ楽しめそうです。







posted by コヒ at 22:25 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月21日

バラの育て方


五月になって、ベランダのバラが次々と咲いてます。

一番初めに、バラの花がまとまって咲いたのは、【ルージュピエールドゥロンサール】 でした。

DSC09995.JPG


バラを育てるために、五月にやることは・・・


はじめてでも簡単! 楽しいバラづくり ローズレッスン12か月 (別冊NHK趣味の園芸)

新品価格
¥1,296から
(2016/5/21 17:12時点)





本やネットを調べてみましたが、これといってやることはなさそうです。

しいて上げるなら

 『花が咲くので、切花にする。』

というのが、調べて結果でした。


DSC09988.JPG


切花にした花は、リビングのテーブルの上に生花で飾ります。


DSC00007.JPG


ベランダのラティスでは、次々にバラが咲いてきますが、花持ちの良いルージュピエールドゥロンサールでもも1〜2週間もすればちょっと色がくすんだ色にかわってしまいます。


DSC00013.JPG

コロコロとしたカップ咲きなんですが、花が開いてしまうとこれから段々と変色してしまう傾向があるような気がします。


大体、複数の蕾が咲きますが、大きくなるのは真ん中の蕾(テニスボールより小さめ)。周りのつぼみはピンポン玉ぐらいかな。


DSC00014.JPG


まぁ、毎朝ベランダでバラが咲いている風景を見るのが好きなんですが、流石に萎れるまで見ているのが嫌なので、最近は積極的に切花にしちゃいます。


切花にして、テーブルに飾るとちょっとした瞬間にクンクンできるので、ベランダよりも香りを楽しむ機会が増えます。

飾ったあとで、いくつもの花の花びらを集めておいて、バラ風呂でゴージャス気分を味わうことも。


妻に聞いたらバラ風呂は気分が良いけど、お風呂を掃除するのがめんどくさいそうです。。。まぁ、しょうがないね。








posted by コヒ at 17:30 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする