2016年12月23日

グラスデコにチャレンジ! 色付け編 〜妖怪ウォッチ〜


前回は、グラスデコをやってみようと下書きをしたところでした。

グラスデコにチャレンジ!

下書きが乾くのを待って色付けをしていきます。

下書きが乾くのは一時間程度。温度にもよるのかもしれませんが、濃く・太く線を乾いた場所はちょっと渇きが遅いので、2時間ぐらい待ってもいいかな。

21時に開始すると、乾くのが23、24時。

う〜ん・・・ちょっと平日は厳しいので、週末にドラマを見ながらやってました。

そんなこんなで色を付けると↓な感じになります。


DSC05019.JPG


ぷにぷにして触りたくなるけど触るとべとーーーとなるで、触るのはやめときましょう。

黒の枠に、はみ出した色は綿棒とかでなぞると簡単に修正可能。枠がはっきりした方がメリハリがつくので細かい作業ですけど手を抜かずにチェックです。

原画と比べると結構足りない色があるけど、気にせず近い色で塗って大丈夫。


DSC05026.JPG


ヤマト グラスデコ 14色 イラスト、フィルム付き GDS14

新品価格
¥1,909から
(2016/12/13 11:32時点)





多少違っても大丈夫。それっぽく仕上がる・・・はず。


DSC05021.JPG


白い部分は、厚めに色を塗ったほうがいいかもしれませんね。乾くとだいぶ薄くなるので重ね塗りです。


深夜にようやく色塗りが終わり、次の日の朝には乾いていました。

ぷにぷにしたところはすっかり消えてシールらしくなってますね。


DSC05030.JPG


重ね塗りした白ですが、やっぱり黄色に比べると薄くなるなぁ。

枠線にちょっとぐらいはみ出しても、はみ出した色が薄ければ目立ちませんでした。



DSC05028.JPG


二つならべるとこんな感じ。


DSC05027.JPG


最大の難関は、実はここから。

シールになった絵を貼り付けるんですが、絵が大きくなると剥がし難くなったり、剥がしても絵とくっつくともう剥がせなかったりします。

慎重に慎重にちょっとづつ貼り付けながら剥がしていきましょう。

剥がすのに自信がなければ、ハサミでクリアファイルを切り取って使った方が安全かもしれませんね。

我が家では洗面台の鏡に張ってみました。

起きてきて鏡を見た妻の驚く顔が楽しみです。








タグ:グラスデコ
posted by コヒ at 21:59 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月13日

グラスデコにチャレンジ!


DIYやガーデニングのお手本としてiemoというサイトを見ることが多いんですが、そこでグラスデコというものが紹介されていたのでチャレンジしてみました。

まずは、グラスデコって何?というところですが・・・

アラビックヤマトノリのヤマトさんところで発売しているもので、「ステンドグラスのような貼ってはがせるシールが作れる不思議な絵の具」と紹介されていました。

もっと詳しいこと知りたい方は↓を見てみてください。

https://www.yamato.co.jp/products/I00000044/


まずは、近くのホームセンターの文房具用品を除いてみると、バラ売りとセットの取り扱いがあったのでセットを購入です。

ホームセンターに無かったらポチろうかと思っていたのでラッキーでした。


DSC05011.JPG


12本入り、絵の具と言ってるだけあって確かに絵の具のようなチューブに入っています。


DSC05013.JPG


更に、このセットの中にグラスデコ用の下絵やグラスデコを書くためのフィルムなんかも入っているので、すぐに遊べるようになっています。


ヤマト 絵の具 グラスデコ 12色 10.5m×12カラー イラスト、フィルム付き GDS12T

新品価格
¥990から
(2016/12/13 11:31時点)





すぐに感覚をつかみたい私なんかにはおススメですね。

ちょっと調べてみると、よく使う黒が入っているセットもありました。ちょっとお値段高めですが、量も多いのでたくさん作りたいという人にはいいかも。


ヤマト グラスデコ 14色 イラスト、フィルム付き GDS14

新品価格
¥1,909から
(2016/12/13 11:32時点)






グラスデコは、


 @下絵を縁取り用の黒などでなぞる。
    ↓
 A1時間乾かす。
    ↓
 B縁取りの中に色を入れる。
    ↓
 C7時間乾かす。
    ↓
 Dシールになったものを貼る。


といった手順で作っていきます。チューブから絞った感じはちょっと固めの液体のりといったところでしょうか。木工ボンドよりももう少し硬い感じ。


さて、セットに入っていた簡単な星とか花とかで感覚をつかんだら、もうちょっと大きなグラスデコにチャレンジしてみたくなりました。


チャレンジの前に黒がすぐになくなったので、別売りの黒を追加で買ってきました。セットのものより細くかけるのでなかなか調子がいいです。


DSC05014.JPG


下絵に選んだのは、最近ゲームをしている妖怪ウォッチ。

100円ショップで買ってきた塗り絵にクリアケースをかぶせて縁取りをしていきます。


DSC05016.JPG


なかなかいい感じでできました。

右利きなので左側の絵から縁取らないと手がベタベタになるので、ジバニャンからしたいところですがグッとこらえて左から左からやっていきます。

手についてもベタベタになるだけ。すぐに取れるので、子供でも安心して使うことができるでしょうね。

さすがアラビックヤマト。

小学生以来使ってませんでしたが、数十年経って思わぬところで再会しました。懐かしいような新しいような不思議な感覚。


下絵が乾いたら色塗りにチャレンジです。








タグ:グラスデコ
posted by コヒ at 12:03 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月04日

枇杷(ビワ)の開花

2年弱前に購入した枇杷(ビワ)の苗の様子です。

ふと考えれば、よく2年も苗を枯らさずに育てれたなぁ〜と感慨深いものがあるのですが、今年は枯れていないだけでなく変化が出てきました。


DSC05000.JPG


大きさだけで言えば、植えつけた頃から2.5倍ぐらい?1m以上になったと思います。

オレンジで丸したところが植えつけて3ヶ月ぐらいの様子です。


DSC09088 (1).jpg


隣の主役は、月桂樹です。

シンボルツリーは月桂樹


当時はトリプルスコアぐらいだったんですが、比べてみると大分大きくなったんだと改めて思いました。

こんなときは、本当にブログ続けておくと便利だなぁと気づくときだったりします。


さて・・・最近の変化ですが・・・

とうとう、つぼみが付き始めました。


DSC04999.JPG


ちょっとづつ膨らんで見える様子もかわいい限りですが、ちょっと調べてみると1/4〜1/5に間引かないといけないようです。


DSC04998.JPG


まぁ、栄養を集中しないといけないので、これはしょうがないことなんですが若干寂しい気持ちもしますね。

すぐに間引いてもいいのですが・・・忘れてはいけないのは、ここはマンションなので受粉率が低いこと。


DSC05038.JPG


実がなる前に間引いてしまっては、後々こまったことになりそうなので実がなってから間引くことにしました。

そう言えば実がなる前に、寒肥が必要なようです。油かすを一掴みパラパラ撒いてと表面の土と混ぜておきました。

花が散る前に、ちょいちょい人工授粉がてら触って早く実がなるのを楽しみしたいと思います。









タグ:枇杷 ビワ
posted by コヒ at 21:44 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする