2015年03月10日

すのこでベランダの水周りをガーデニング向けにリメイク〜DIY


完成編はこちら


ベランダでガーデニングをしようと思い始めてから、どうしてもやりたかった事がエアコンの室外機カバーを置く事でした。

でも、ネット販売やホームセンターで室外機カバーの取り扱いはあるものの、我が家の室外機カバーが微妙に普通のよりも大きいため、なかなか
 「これだ!」
というものに、めぐり合うことはできません。まぁ、すぐに見つかったらみんな苦労はしませんね。


どうやったら良いのかなぁ。。。と検索しているとかなりの確率でHITするのが、すのこを使った室外機カバーのDIYでした。

このDIY向けのページを見ていたら急に室外機カバーではなく、ベランダの水周りのリメイクをしたくなり、ホームセンターに材料を買いに行ってきました。


<必要なもの(買ったもの)>
@電動ドリル
 : RYOBI 715KIT(ドリル刃がセットになったもの)

Aすのこ
  : 杉すのこ * 3

B檜の角材
  : 1800mm *2 900mm *4

Cビニールシート

Dペンキ
  : ローズガーデンカラーズ(アルバートル)

E木ねじ(後で追加)
  : コーススレッド

FL字金具(後で追加)
  : CANDOで2個セット *2




ニッペ ローズガーデンカラーズ エナメルタイプ 0.8L アルバートル

新品価格
¥2,036から
(2015/4/11 22:20時点)





さらっと書きましたが電動ドリルは今後のDIYで必要でしょう。と思い奮発してみました。

RYOBI 充電式ドライバドリルキット BD-715KT

新品価格
¥5,981から
(2015/4/11 22:25時点)





まずは、我が家のベランダの水周りです。

DSC07841.JPG

こんな感じがマンションでは一般的なのかはわかりませんが水が出るだけマシという感じですかね。

今回はこの水道口と壁にすのこを立てかけてガーデニング向けにリメイクしようという計画です。

壁に立てかけ用のすのこです。檜の角材とあわせてイメージを膨らませてます。

DSC07916.JPG


水周りの脇にすのこテーブル作ってみたいとか、結構ノコギリで材料を切断しないといけないことがわかったので

ソーガイド

という、のこぎりを強制的にまっすぐな方向にしか引けなくする道具を買ってみました。
DIY初心者には強い味方になってくれそうです。

ソーガイド・エフ 30102

新品価格
¥3,122から
(2015/4/10 22:02時点)




こんな感じでガイドにのこぎりを当てながら切断していくと・・・

DSC07925.JPG


ばっさりと切断できました。

DSC07926.JPG


思いのほか切断面がきれいです。

DSC07927.JPG


材料が切れたら後は組み立てていくだけです。組み立てが終わったら壁に立てかけます。

なんとなく大きな椅子を作る感じをイメージしてもらえれば感じがつかめると思います

出来上がりは、後日アップ!

完成編はこちら







posted by コヒ at 23:26 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする