2015年04月18日

ワイヤーバスケットに多年草の寄せ植え

前にDIYで作ったワイヤーバスケットですが、材料が余っていたのでもう一つ作ってみました。材料が余るのは、100均で「これ使えそう!」と思うと何となく二つ以上買ってしまうという変な癖がついたせいです。


ワイヤーバスケットの作り方は前の記事を参考に。

・100均のワイヤーネットでガーデニング用のワイヤーバスケットを作ろう

・100均で作ったワイヤーバスケットで寄せ植え




今回の出来上がりはこんな感じです。

DSC09481.JPG

本当は、妻と一緒にホームセンターに行って寄せ植えにする花を選んで欲しかったんですが、ホームセンターのセールと妻の都合が合わなかったので一人で選ぶことになりました。

ワイヤーバスケットを作ったまでは良かったんですが、何の目的もないので案の定ホームセンターの売り場で途方にくれることに。色んな苗があるから目移りしちゃうんですよね。

この間、買った本によると、テーマを持たせるといいみたいな感じでしたが、テーマすら思いつかない始末。う〜ん、本持ってきて書いてある苗を選べば良かったかなぁ。と思い始めてきました。


花と緑と雑貨でつくる はじめてのベランダガーデン

中古価格
¥516から
(2015/4/18 16:42時点)





売り場の中を「テーマ、テーマ・・・」とブツブツ呟きながら無い知恵を絞って思いついたのが、”多年草”で統一しようということでした。本にも確かそんなことが書いてあった気がします。気がします。気がしま。。。す。



苗のラベルに書いてある多年草を頼りに選んだのが”ネメシア”でした。見た目も可愛いし花も存在感があるのでワイヤーバスケットの中央に置くことにしましょうか。トールタイプと普通のものがあったんですが、中央に置くのでトールタイプを選びました。それで、その両脇にバーベナをおいて、更にそれを挟むようにかすみ草をおいて、そして両端にはちょっと前に買ってあったアイビーを使うことにしました。


DSC09487.JPG


ワイヤーバスケットには5つぐらいの苗があると丁度いい感じがします。苗の大きさにもよるんでしょうけどね。

↓の写真は、植え付け直後に撮ったものです。一枚目の画像は植え付けから2週間後のものなので、花のボリュームがずいぶん大きくなりました。順調かどうかはわかりませんが少しでも成長している姿を見ると素直に嬉しいなぁと感じます。

DSC09184.JPG


せっかく植えた多年草の寄せ植えなので、枯らさないで長く楽しめるように育てていきたいと思います。









posted by コヒ at 17:15 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする