2016年12月04日

枇杷(ビワ)の開花

2年弱前に購入した枇杷(ビワ)の苗の様子です。

ふと考えれば、よく2年も苗を枯らさずに育てれたなぁ〜と感慨深いものがあるのですが、今年は枯れていないだけでなく変化が出てきました。


DSC05000.JPG


大きさだけで言えば、植えつけた頃から2.5倍ぐらい?1m以上になったと思います。

オレンジで丸したところが植えつけて3ヶ月ぐらいの様子です。


DSC09088 (1).jpg


隣の主役は、月桂樹です。

シンボルツリーは月桂樹


当時はトリプルスコアぐらいだったんですが、比べてみると大分大きくなったんだと改めて思いました。

こんなときは、本当にブログ続けておくと便利だなぁと気づくときだったりします。


さて・・・最近の変化ですが・・・

とうとう、つぼみが付き始めました。


DSC04999.JPG


ちょっとづつ膨らんで見える様子もかわいい限りですが、ちょっと調べてみると1/4〜1/5に間引かないといけないようです。


DSC04998.JPG


まぁ、栄養を集中しないといけないので、これはしょうがないことなんですが若干寂しい気持ちもしますね。

すぐに間引いてもいいのですが・・・忘れてはいけないのは、ここはマンションなので受粉率が低いこと。


DSC05038.JPG


実がなる前に間引いてしまっては、後々こまったことになりそうなので実がなってから間引くことにしました。

そう言えば実がなる前に、寒肥が必要なようです。油かすを一掴みパラパラ撒いてと表面の土と混ぜておきました。

花が散る前に、ちょいちょい人工授粉がてら触って早く実がなるのを楽しみしたいと思います。









タグ:枇杷 ビワ
posted by コヒ at 21:44 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする