2017年01月22日

つるバラ(ニュードーン)の誘引と剪定


新苗から育てている つるバラのニュードーンは、鉢植えだけど、すくすく育って、育って育って、育ちすぎてボーボーになってしまいました。

ボーボーのままだと開花に悪そうなので今年の春に備えて、剪定と誘引をしたいと思います。


DSC05944.JPG


ボーボーだけど、下のほうに葉が少ないのは日当たりが悪いからかな。


バラ苗 ニュードーン 国産新苗植え替え6号スリット鉢 つるバラ(CL) 四季咲き ピンク系

新品価格
¥1,620から
(2017/1/23 20:47時点)





剪定にあたって用意した道具を並べてみました。


DSC05961.JPG



<必要なもの>

 ・手袋
 ・ハサミ(100円ショップ DAISO)
 ・誘引テープ(100円ショップ DAISO)
 ・洗濯ばさみ(100円ショップ DAISO)




まずは葉を落とします。

つるバラは2月ごろになると新芽が育ってくるので1月とか12月が良いらしい模様。

ニュードーンの棘は木立バラよりも小さいんですが、手袋をしないと葉を毟り取るときに結構痛いです。

といっても、軍手に近いゴム手袋だとやっぱり突き抜けてくる棘もあったりして、苦戦しつつも葉が落とせました。

バラを手入れするように皮手袋が欲しいけど、葉を落とすなんて冬だけだしなぁ・・・頻度を考えると所有欲に近いかな。かっこいいですけどね。


東和コーポレーション WEST COUNTY ROSE West County Rose (ウェストカウンティーローズ) 431 ルビー L

新品価格
¥3,749から
(2017/1/14 10:38時点)






葉を落とすと全体の感じがよくわかります。

去年は伸びた分を行灯仕立てに誘引すれば良かったのですが、今年は剪定してからじゃないと誘引できそうに無い感じ。


DSC05952.JPG


少し去年より作業のレベルが上がってますが、まぁ、やってみましょう。


つるバラ(ニュードーン)をオベリスクに誘引


アップルウェアー ミニオベリスク B-160型 ブラック

新品価格
¥1,680から
(2017/1/23 20:21時点)





このままだと服に棘と枝がくっついて身動きが取れなくなりそうだったので、洗濯ばさみで枝を押さえながら巻きつけた枝を解いていきます。

ベランダなので洗濯ばさみが沢山あって活躍してくれました。


DSC05949.JPG


やっぱり広げると剪定する部分が判り易くなります。


剪定にあたっては細い枝を切っていけばいいようなので、下の方から見ていくとオレンジの丸の部分を切っていきます。


DSC05954.JPG


数本なのに切ってみるとスッキリ。


DSC05955.JPG



ちょっと上の方を見ると、内側に伸びている枝があるようですね。


DSC05963.JPG


内側に枝を伸ばして葉が生えても、周りの枝に囲まれて日当たりが悪くなると思うので思い切って枝を切りましょうか。


DSC05964.JPG


剪定中に気づいたのは既に赤い芽が枝にポツポツ付いていること。

枝を切るときには、それを目印にハサミを入れ、ハサミを入れを繰り返して剪定を続け、上のほうまで着たら今年の春に伸びる分をあけるように誘引しました。


DSC05967.JPG


行灯仕立てのリングに沿って螺旋ではなく平行に巻きつけるようにすると、枝と枝の隙間も確保できて
花が付いたときにきれいになりそうな気がします。


全体をチェックしながら余計な枝をカットして出来上がり。


ずいぶんとスッキリして、なかなか良いんじゃないでしょうか? 


去年より上達したんじゃないかと勝手に納得しながら剪定と誘引を完了しました。









posted by コヒ at 00:00 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする