2017年03月11日

フラワーコンテナの作り方 〜前編〜


家に帰ってベランダのレタスを収穫していると、机の上に花の苗が置いてあることに気づきました。

『見慣れない苗が6つ?、あれれ?』と思って妻に聞いてみると、寄せ植え用に苗を買ってくれたとのこと。

『6つの苗を植えれるような植木鉢は空いていないよ〜。』と言うと、苗を買ったガーデニングコーナーではコンテナに入っていてその様子が可愛かったので、コンテナに入れて育てたいとのことでした。

『そういや、”フラワーコンテナ”って何?』と、話を聞いてみると、なんか作れそうな気がしてきました。もう一度ガーデニングショップにいって買うのもなんだし、無駄な自信が湧いてきたところで久しぶりにDIYにチャレンジです。

さっそくですが、出来上がりはこんな感じ。


DSC06578.JPG


材料は何にしようか迷ったんですが、「お店で持ったけど、フラワーコンテナはそんなに軽くなかった。」と言っていたのでSPF材という安い(いつもの)木材を使うことに。

安い材料だったので合計でも500円以下で済みました。



<必要なもの(買ったもの)>
@電動ドリル

ASPF材
  : 1x4 * 1
  : 1x2 * 1  

Bペンキ
  : ローズガーデンカラーズ(ペペルマント)

Cペンキ用のハケ、捨て缶

D木ねじ
  : コーススレッド

Eヤスリ
  :100均の木工ヤスリ(DAISO)



リョービ(RYOBI) 充電式ドライバドリル BD-7210KT 647536A

新品価格
¥8,310から
(2017/3/11 22:52時点)





The Rose Garden Color's ローズガーデンカラーズ 102ペペルマント [0.2L] ニッペホーム・水性塗料・ペンキ・木部用

新品価格
¥802から
(2017/3/14 22:07時点)




材料と道具を並べるとこんな感じ。材料はSPF材といった木材しかないので、道具の方が多いです。


DSC06089.JPG


今回作ろうとしている”フラワーコンテナ”ですが、要は『苗が入る四角い箱』なので、設計図なんかありません。

とっとと取り掛かりましょうか。


DSC06090.JPG


9cmぐらいの苗ポットが縦に2つ、横に3つ分が入る箱を作ればいいんだから、サイズは縦20cm、横30cmぐらいでいいかな。

箱の角の部分にネジ止めできる幅を取る必要があるので、+2cmぐらい余裕をもたせて木材をカットです。

久しぶりのノコギリですが、意外とまっすぐ切れました。

なんか毎年、寒い中ベランダでノコギリを引いている気がするなぁ。

と考えながらカット完了。

ネジ止めする前に、切り口が平らになってなければヤスリがけして仮組みです。

うん。なかなかいい感じ。


DSC06091.JPG


ついでに、箱の中に苗を入れてみてます。


DSC06093.JPG


「あれ?ちょっとサイズが小さい?」、9cmポットと思っていたんですが、予想よりも大きな苗があったようです。


DSC06095.JPG


苗を入れると箱の角の部分が5mmずつ足りないかな・・・まぁ、1cmぐらいなんで詰めれば入るんですが、あんまり窮屈なのも可哀想な気がしたので予定変更。


うまく伝えれないんですが、木材を”[ ] ”感じで箱型に組み立てる予定から、一辺をずらして”「 」”のように組み立てることで木材の幅1.5cmぐらい伸ばすことにしました。


DSC06096.JPG


これなら余裕をもって入りそうです。

ネジ止めがしにくいし、強度に若干の不安がありますが四角になっているから大丈夫でしょう。


形が決まったので、ようやくネジ止め開始。


DSC06135.JPG


サイズ調整している間にフル充電になったようで、電動ドリルもパワー全開。

気持ちよくネジ止めできました。


DSC06136.JPG


やっぱり四角になると、完成形が見えてきました。

ちょっと揺らしてみましたが苗を入れるぐらいの強度は確保できていそうです。

ここまでできたところで、夕飯の時間になったので一時中断。

なんだか寒さに耐えながらDIYしていることが多いと思ってましたが・・・、冬の間はガーデニングに手がかからなくて、DIYする時間が取りやすいからかな?

長くなったので後編に続きます。










posted by コヒ at 22:49 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする