2017年05月03日

つるバラの誘引(ルージュピエールドゥロンサール )


京成バラ園に行った際に購入した、つるバラの ルージュピエールドゥロンサール  ですが、最近元気がありません。


バラ苗 ルージュピエールドゥロンサール 国産大苗6号スリット鉢 つるバラ(CL) 四季咲き 赤系

新品価格
¥3,024から
(2017/5/3 15:22時点)





周りの他のバラたちの新芽がすくすく伸びている様子を見ると差が歴然。

う〜ん、育て方に問題があるんじゃないか?と思い誘引の仕方を変えてみることにしました。

本当は、芽が動き出す前の冬が良いんでしょうけど、四季咲きの長い開花シーズンを考えると春の開花シーズンを捨てることになってもしょうがないと早めに決断です。


つるバラ(ニュードーン)をオベリスクに誘引









まずは、現状の把握。


DSC07549.JPG


冬の間は気づきませんでしたが、思ったより酷いことに。。。

ピンク線でなぞったところが真っ黒な枝になってますね。

日当たりが悪かったせいか、バラ自身が成長を止めてしまったのかもしれません。(調べるとバラの枯れる要因は多数あるようですが、ここは気楽に考えましょう!)

日当たりが悪いことについては、マンションのベランダで育てている以上、思い当たることがたくさんあります。

DSC07550.JPG


東南向きで午前中しか日照時間が確保できていないだけでなく、ベランダ柵に設置したラティスに誘引しているため柵やラティスが影になって余計に日当たりが悪くなっていたようです。

針金を使ってラティスからちょっと離して誘引したんですが、そんな小細工だけではフォローしきれなかったんでしょうね。

これは、なかなか興味深い結果だと思います。おそらくラティスの逆側に設置したら良かったんでしょうけど、それだとリビングから花が見えない。。。こういう誘引ができないことがわかったので、今後のつるバラの育て方や設置方法に活かしていけそうです。


さて、話を誘引作業に戻しましょうか。

他のバラのトゲ攻撃に会いながら、なんとかラティスから剥がしてきました。


DSC07551.JPG


枯れてしまった枝はバッサリ切ります。


DSC07554.JPG


やっぱり見た目が真っ黒な枝はカサカサだったので切ってOKでした。


誘引作業に準備したのは、大きめの行灯仕立てのリング支柱。

100均にDIYできそうなものがなかったので近くのホームセンターで買ってきました。


DSC07548.JPG


リング支柱 150cm

新品価格
¥710から
(2017/5/3 15:53時点)





本当は、バラ用のオベリスクも欲しいところですけど・・・ね。

値段的にこれが第一候補。

第一ビニール スモールオベリスク 120cm 径11mm

新品価格
¥780から
(2017/5/3 15:50時点)




四角のオベリスクに巻き巻きするのってどんな感じなんでしょうか?ちょっと楽しそう。

バラ用オベリスク

新品価格
¥4,980から
(2017/5/3 15:50時点)




メーカーさんのもの。サイズが多いので選択肢があります。

アップルウェアー ミニオベリスク B-160型 ブラック

新品価格
¥1,980から
(2017/5/3 15:51時点)




やっぱりアイアンがいいなぁ〜と思ってしまう。近くのガーデニングショップにも置いてあると良いんですけど・・・これはアイアンの中でも安かったので気になります。

リトルオベリスク 直径25×高さ160cm /アイアン/オベリスク/バラ ローズ/鉢 タワー/トレリス/プランター/庭/ガーデン/エクステリア/ガーデニング/

価格:6,161円
(2017/5/3 15:55時点)
感想(0件)





比べてみるとビニール/プラスチック製のものは、お手頃で安いんですが、どうしても支柱が太くなってしまうので長いこと使うんだったらアイアン製のものが良いかもしれません。


支柱リングを鉢植えに刺すと、長い枝でも余裕があるサイズだったので、きっとこれからの成長も大丈夫でしょう。


DSC07555.JPG


つるバラを誘引していきますが、枝が少ないのが寂しい・・・


DSC07556.JPG


春先なので冬と違って枝の力が強くて、巻きつける際にググッとするのがちょっと怖い感じ。

枝が少ないので折るのはNG。一気に巻き付けないで、ちょっとずつ時間をかけて誘引テープの間隔を狭めるようにして巻きつけました。


DSC07563.JPG

枝が少ないの誘引作業は簡単に終わりました。


しかし、隣の ニュードーン は元気。

つるバラ(ニュードーン)をオベリスクに誘引


DSC07568.JPG

冬に巻きつけたところから、しっかりと芽が伸びているので花が期待できそうです。


今回巻きつけた ルージュピエールドゥロンサール  の枝先を見てみると、まだまだ元気があるんじゃないかと感じます。


DSC07569.JPG


きっと5月の開花には間に合わないかもしれませんが、次の開花シーズンに間に合うと嬉しいけど。

もう育てている期間が2年目に突入になるのに、また一からって感じがしますが、こんなトラブルが起きても簡単に解決できるようになると良いなぁと思いました。








posted by コヒ at 16:12 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする