2017年06月26日

ミニトマトのプランター栽培 〜 キャロルツリー


プランター栽培のスター選手でありながら、失敗も多いというミニトマト

我が家のベランダでもうまくいったり、うまくいかなかったりと、毎年どうしようか迷う存在だったりしますが、成功した例が多くないとスター選手にならないはず。

空いてるプランターがあるなら、あんまり難しく考えずに育ててみようと思います。


DSC08419.JPG


まぁ、そんなことをブツブツ考えながら近所のホームセンターのガーデニングコーナーに行くと、 ”キャロルツリー” という種類の苗がありました。

ポップを見てみると



節間が短く葉がコンパクトで、草丈も1m程度なのでベランダなど狭いスペースでミニトマト栽培を楽しむことができます。




とのこと。

これは良い。ベランダのプランター栽培に最適!!

よく育てやすいと書かれている他の節木苗には脇目も振らず買って帰ります。

植え付けは、普通の 65型プランターに2株

3株植えるというサイトもあったりしますが日当たりの悪いウチのベランダは2株かな。


DSC08418.JPG


植え付けてときの苗は頼りないので、苗の横に支柱を立ててあげました。

サカタのタネのサイトを見てみると支柱を立てる時期はもう少しあとのようですが、我が家のマンションのベランダは風が強いので早め早めに。折れてからだと遅いからね。








植え付けから2〜3週間ぐらいすると、花が咲いて小さな実が付いてきました。


DSC08416.JPG


育ててみてわかりましたが ミニキャロル は、幹が太い!

ガッシリとして高さが1mで収まるので、適当なサイズになったら摘心しなくて良いのは気が楽です。


DSC00715.JPG


育った姿を見ていると、ポツポツと実が増えてますね。

多分、赤くなった実は一番果がそのまま熟したものでしょう。


DSC00711.JPG


なんだかんだいって食べれそうになるには実がつき始めてから30日位は必要そうですね。

他にも膨らんできた実を見ましたが、尻枯れ病は出ておらず今年の苗は安心して食べられそうです。


DSC00709.JPG


幹の4節ぐらいに花が咲いたら追肥の目安だそうなので、一握りぐらい肥料を追肥しておきました。


住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 700g

新品価格
¥490から
(2017/6/25 21:43時点)





隣の苗も順調に実がついてますね。


DSC00712.JPG


早く実が熟して食べれないかな〜と思っていたら、

『アレ?実がない。』

妻も食べてないとのことでしたので、どうもトマト好きな愛犬が食べてしまった模様。

なんかベランダに出たときに口をモゴモゴ動かしていたのは、そのせいか。

一番初めのミニトマトが食べれなかったのは残念ですが、まだまだ沢山あるので、これからの収穫が楽しみです。








posted by コヒ at 00:00 | Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする