2018年02月20日

枇杷(ビワ)に実がならない

今年の枇杷(ビワ)も順調に育ってきています。


DSC05885.JPG


やっぱり去年の様子と比べると一回り大きくなってるんですよね。

枇杷(ビワ)の開花








大きくなって秋に施肥もしっかりしたのに、1月を過ぎ、2月を過ぎても花が咲かない。

蕾も見当たらない。。。

気長に様子を見ていると、蕾じゃなくて葉がまたニョキッっと顔を出しました。


DSC05880.JPG


ビワが花が付かないのは、寒さも影響するそうです。

今年は寒かったからなぁ〜、雪も何度も降ったし枝や鉢植えにもしっかり積もってました。

う〜ん、ビニールでもかければ、ちょっと違った結果になったのかもしれませんが・・・焼け石に水ですかね。

そういえばテレビで見たんですが、東京ディズニーランドでは開演前に南国の雰囲気を出すために日本でも手に入るビワを植えたんだそうですって。常緑の緑の花がジャングルっぽい感じがするんだそうです。

今度、ディズニーランドに行ってみたらじっくり観察してみようと思います。隠れミッキーよりも難しいかもしれませんね。









タグ:枇杷 ビワ
posted by コヒ at 21:37 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月19日

種が発芽しない 〜 種をまいたけど芽が出ないのはなぜ?

秋から冬にかけて虫も少なくなり、冬でも育つようなレタスやラディッシュ、大根、カブ等、プランター栽培にはいい季節になりました。


DSC05887.JPG


夏のように熱すぎる日が続くのと違って、冬は芽が出てしまえば育ちが遅いものの何とか育ってくれるもの。








プランターに土を入れて、ウキウキしながらプランターに種を撒いていきます。

数日待って、芽がでない。

『あれ?気温が低いからかな?』

数日待って、芽が出ない。

『う〜ん、いつもは芽が出るのに。。。この野菜は寒いからダメなんだろうか?』

ということで、比較的、芽が出やすいラディッシュ・二十日大根の種に切り替えて種まき。。。

でも、芽が出ない。

発芽しないのは、なんでだろうと調べていくと、種にも寿命があることが判明!!

初めて知りました。ずーーーーっと、使えると思っていましたがどうも違うようです。

種は、冷暗所に保管すると長持ちするようですが・・・うちはベランダの箱に入れて置いていたので、そんなに良い環境では無いですね。

原因がわかれば後は簡単。新しい種を買ってきてまくだけ。

種類によって育ちが違うのか気になったので、ミックスにしてみました。


トーホク種苗 はつか大根 ミックス3 野菜の種

新品価格
¥324から
(2018/1/19 08:37時点)





DSC05891.JPG


拍子抜けするぐらい順調に数日で芽が出ました。

やっぱり、新しい種は違います!!


DSC05892.JPG


一ヶ月もしないうちにラディッシュの実が膨らんで食べごろが近づいてきました。

そういえば種の保管場所、いまのところ冷暗所といっても冷蔵庫ぐらいしか思いつきません・・・

でも、一年中冷蔵庫に種を入れておくとスペース取るので、ポイッと妻に捨てられる危険性の方が高い気がします。

プランター栽培なので、どうしても種は使い切れないのですが、ストレス感じるぐらいなら思い切って新しい種を買って使うようにしたいと思いました。

その点、100均の種は、ホームセンターので売っている種よりも数が少ないので良いかもしれませんが、野菜の種類が少ないのが悩み。

種メーカーさんは、プランター栽培用に、もっと少ない種数のパッケージを売って欲しいですね。








posted by コヒ at 08:33 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月06日

パッションフルーツの冬越し 〜2年目〜


すっかり寒くなってきましたのでパッションフルーツの冬越しの準備をします。

去年は、11月に冬支度をしたようですので、今年は2ヶ月もサボっていたような・・・

去年のパッションフルーツの冬越し







育て始めて早2年が経ったパッションフルーツですが、残念なことに実はおろか花すらお目にかかった事はありません。

今、植えているプランターを空けて他の野菜を育ててみたい気もしますが・・・こうなったら根比べ。実がなるまで育てて見ようと思います。

実がならない理由は、きっと何かあるんでしょうが思いつくまでは延命処置して春を待ちましょう。


DSC05868.JPG


ゴミ袋をかぶせて防寒準備完了。今年は、上の方を開放して蒸れないようにしてみました。


DSC05869.JPG


去年は、全部スポッと覆ったのですが、この時期まで、なんにもしなくても育っているところを見ると、意外とパッションフルーツって耐寒性があるんじゃないか・・・と勝手な思い込みで空気が通りやすくしてます。


そういえばパッションフルーツと同じでこの時期まで放置していた我が家のミニトマト。外なのになんと花と実を付け続けております。


DSC05873.JPG


トマト大好きの飼い犬が、クンクン匂いを嗅いでいたので『アレ?』と思って見てみたら、ずーっと実を付けていたなんて・・・健気なやつです。


DSC05870.JPG


葉の数は夏より少ないのですが、元気そうなのでこのまま育ててみましょうか。

水耕栽培のトマトなんかは年がら年中、実をつけるらしいので年越しも行けるのかな??

多分ゴミ袋をかぶせておけば冬を越せそうな感じなので、春まで様子を見てダメだったら新しい苗に交換してみようと思います。








posted by コヒ at 11:43 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする