2017年03月16日

フラワーコンテナの作り方 〜後編〜


さて、夕飯も食べ終わったので箱型になったフラワーコンテナを仕上げていきます。

フラワーコンテナの作り方 〜前編〜


1*2サイズのSPF材を3つ分用意して、取っ手部分を作っていきます。


DSC06177.JPG



取っ手の部分はかんたんに作れました。3つの木をネジ止めするだけで様になってくれるので楽ちん楽ちん。

まぁ、ちょっとずれた気がしますが、木材なので数mmぐらいは大丈夫でしょう。


DSC06180.JPG


どちらかと言うと苦労したのは、取っ手の取り付け。

内側から外側にネジをつけたんですが、電動ドリルが入るギリギリのサイズだったので、ドリルの回し始めは若干斜めにしないと回せませんでした。

片側2箇所ずつ止めて、組み込みは完成です。

フラワーコンテナの底にも、隙間を開けるようにSPF材を取り付けて排水性を確保。

ポット苗が落ちたり、傾かない程度に取り付ければOKでしょう。


DSC06178.JPG


これだけだと不安定なので四隅にも、木片をボンドで取り付けました。

これでグラつきもせずに設置できます。


そういえば、取っ手も四角いまんまだとつまんないかなぁ〜、と思って角を丸くしてみました。

完全に自己満足の世界ですが、角が丸いほうが”取っ手”感が増す気がしたんですよね。

角をノコギリで落として△にしてから、鬼目ヤスリでゴリゴリ角を落として普通のヤスリで仕上げれば丸くなります。

DIYスキルが低くてノコギリのちょっとズレが多いせいか、数mm調整が効く鬼目ヤスリ出番が多め。

普通のヤスリは1mm削るのも時間がかかるので、調整の際は使わずにあくまで仕上げで使ってますね。


さて、組み立てがおわって外観が仕上がったので塗装に移りましょう。

あと、ちょっとだから頑張るぞ〜!!と思って出た夜中のベランダですが、やっぱり寒い・・・

ランタンライトを物干し竿に取り付けて、作業用の明かりを確保。


DSC06195.JPG


真夜中の塗装ですが、お気に入りの ”ペペルマント” を塗り塗り。


DSC06192.JPG


The Rose Garden Color's ローズガーデンカラーズ 102ペペルマント [0.2L] ニッペホーム・水性塗料・ペンキ・木部用

新品価格
¥802から
(2017/3/14 22:07時点)





あぁ、寒い・・・。

でも、ペンキ塗りは楽しいので時間を忘れて塗装できます。

冬だから乾燥までに時間がかかりそうかな。


DSC06190.JPG


フラワーコンテナは大きくなかったので、すぐに終わりました。

塗り終わったので、出来上がりを楽しみにして朝を待ちましょう。


DSC06204.JPG


朝起きてすぐにベランダに向かいました。

塗装したのが夜中だったので細かいところが見えませんでしたが、思った以上に良い出来栄え。

塗り残しもなかったし、持って振り回してもグラグラしないし、とうとう完成です。


DSC06202.JPG


朝日を浴びた完成品を見て満足しながら、6つのポット苗を配置していきました。

熱いコーヒーを片手に、アレコレ順番を入れ替えてしっくりと来たところで写真撮影。


DSC06578.JPG


ふ〜、材料費500円にしては良い感じなんじゃないかな?

苗ポットで入れているから枯れたら交換すれば良いし、置き場所はすぐに変えられるし、フラワーコンテナって意外と便利かもしれませんね。

出来栄えに満足しながらコーヒーを飲んで、朝起きてきた妻に見せたいと思います。






posted by コヒ at 00:00 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月11日

フラワーコンテナの作り方 〜前編〜


家に帰ってベランダのレタスを収穫していると、机の上に花の苗が置いてあることに気づきました。

『見慣れない苗が6つ?、あれれ?』と思って妻に聞いてみると、寄せ植え用に苗を買ってくれたとのこと。

『6つの苗を植えれるような植木鉢は空いていないよ〜。』と言うと、苗を買ったガーデニングコーナーではコンテナに入っていてその様子が可愛かったので、コンテナに入れて育てたいとのことでした。

『そういや、”フラワーコンテナ”って何?』と、話を聞いてみると、なんか作れそうな気がしてきました。もう一度ガーデニングショップにいって買うのもなんだし、無駄な自信が湧いてきたところで久しぶりにDIYにチャレンジです。

さっそくですが、出来上がりはこんな感じ。


DSC06578.JPG


材料は何にしようか迷ったんですが、「お店で持ったけど、フラワーコンテナはそんなに軽くなかった。」と言っていたのでSPF材という安い(いつもの)木材を使うことに。

安い材料だったので合計でも500円以下で済みました。



<必要なもの(買ったもの)>
@電動ドリル

ASPF材
  : 1x4 * 1
  : 1x2 * 1  

Bペンキ
  : ローズガーデンカラーズ(ペペルマント)

Cペンキ用のハケ、捨て缶

D木ねじ
  : コーススレッド

Eヤスリ
  :100均の木工ヤスリ(DAISO)



リョービ(RYOBI) 充電式ドライバドリル BD-7210KT 647536A

新品価格
¥8,310から
(2017/3/11 22:52時点)





The Rose Garden Color's ローズガーデンカラーズ 102ペペルマント [0.2L] ニッペホーム・水性塗料・ペンキ・木部用

新品価格
¥802から
(2017/3/14 22:07時点)




材料と道具を並べるとこんな感じ。材料はSPF材といった木材しかないので、道具の方が多いです。


DSC06089.JPG


今回作ろうとしている”フラワーコンテナ”ですが、要は『苗が入る四角い箱』なので、設計図なんかありません。

とっとと取り掛かりましょうか。


DSC06090.JPG


9cmぐらいの苗ポットが縦に2つ、横に3つ分が入る箱を作ればいいんだから、サイズは縦20cm、横30cmぐらいでいいかな。

箱の角の部分にネジ止めできる幅を取る必要があるので、+2cmぐらい余裕をもたせて木材をカットです。

久しぶりのノコギリですが、意外とまっすぐ切れました。

なんか毎年、寒い中ベランダでノコギリを引いている気がするなぁ。

と考えながらカット完了。

ネジ止めする前に、切り口が平らになってなければヤスリがけして仮組みです。

うん。なかなかいい感じ。


DSC06091.JPG


ついでに、箱の中に苗を入れてみてます。


DSC06093.JPG


「あれ?ちょっとサイズが小さい?」、9cmポットと思っていたんですが、予想よりも大きな苗があったようです。


DSC06095.JPG


苗を入れると箱の角の部分が5mmずつ足りないかな・・・まぁ、1cmぐらいなんで詰めれば入るんですが、あんまり窮屈なのも可哀想な気がしたので予定変更。


うまく伝えれないんですが、木材を”[ ] ”感じで箱型に組み立てる予定から、一辺をずらして”「 」”のように組み立てることで木材の幅1.5cmぐらい伸ばすことにしました。


DSC06096.JPG


これなら余裕をもって入りそうです。

ネジ止めがしにくいし、強度に若干の不安がありますが四角になっているから大丈夫でしょう。


形が決まったので、ようやくネジ止め開始。


DSC06135.JPG


サイズ調整している間にフル充電になったようで、電動ドリルもパワー全開。

気持ちよくネジ止めできました。


DSC06136.JPG


やっぱり四角になると、完成形が見えてきました。

ちょっと揺らしてみましたが苗を入れるぐらいの強度は確保できていそうです。

ここまでできたところで、夕飯の時間になったので一時中断。

なんだか寒さに耐えながらDIYしていることが多いと思ってましたが・・・、冬の間はガーデニングに手がかからなくて、DIYする時間が取りやすいからかな?

長くなったので後編に続きます。










posted by コヒ at 22:49 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月23日

グラスデコにチャレンジ! 色付け編 〜妖怪ウォッチ〜


前回は、グラスデコをやってみようと下書きをしたところでした。

グラスデコにチャレンジ!

下書きが乾くのを待って色付けをしていきます。

下書きが乾くのは一時間程度。温度にもよるのかもしれませんが、濃く・太く線を乾いた場所はちょっと渇きが遅いので、2時間ぐらい待ってもいいかな。

21時に開始すると、乾くのが23、24時。

う〜ん・・・ちょっと平日は厳しいので、週末にドラマを見ながらやってました。

そんなこんなで色を付けると↓な感じになります。


DSC05019.JPG


ぷにぷにして触りたくなるけど触るとべとーーーとなるで、触るのはやめときましょう。

黒の枠に、はみ出した色は綿棒とかでなぞると簡単に修正可能。枠がはっきりした方がメリハリがつくので細かい作業ですけど手を抜かずにチェックです。

原画と比べると結構足りない色があるけど、気にせず近い色で塗って大丈夫。


DSC05026.JPG


ヤマト グラスデコ 14色 イラスト、フィルム付き GDS14

新品価格
¥1,909から
(2016/12/13 11:32時点)





多少違っても大丈夫。それっぽく仕上がる・・・はず。


DSC05021.JPG


白い部分は、厚めに色を塗ったほうがいいかもしれませんね。乾くとだいぶ薄くなるので重ね塗りです。


深夜にようやく色塗りが終わり、次の日の朝には乾いていました。

ぷにぷにしたところはすっかり消えてシールらしくなってますね。


DSC05030.JPG


重ね塗りした白ですが、やっぱり黄色に比べると薄くなるなぁ。

枠線にちょっとぐらいはみ出しても、はみ出した色が薄ければ目立ちませんでした。



DSC05028.JPG


二つならべるとこんな感じ。


DSC05027.JPG


最大の難関は、実はここから。

シールになった絵を貼り付けるんですが、絵が大きくなると剥がし難くなったり、剥がしても絵とくっつくともう剥がせなかったりします。

慎重に慎重にちょっとづつ貼り付けながら剥がしていきましょう。

剥がすのに自信がなければ、ハサミでクリアファイルを切り取って使った方が安全かもしれませんね。

我が家では洗面台の鏡に張ってみました。

起きてきて鏡を見た妻の驚く顔が楽しみです。








タグ:グラスデコ
posted by コヒ at 21:59 | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする