2017年07月15日

ルージュピエールドゥロンサールの開花


今年は元気がなくって誘引し直した ルージュピエールドゥロンサール でしたが、無事に開花してくれて、2番花も咲いてくれました。


つるバラの誘引(ルージュピエールドゥロンサール )



DSC00836.JPG


ちょっと調べたんですけど、赤系で香りが強くて形がコロコロと可愛いバラって少ないんですよね。

部屋に飾って見ていると良い気分になります。


バラ苗 ルージュピエールドゥロンサール 国産大苗6号スリット鉢 つるバラ(CL) 四季咲き 赤系

新品価格
¥3,024から
(2017/5/3 15:22時点)





誘引し直してからの開花までの道のりは遠かった気がします。

正直一本ぐらいしかマトモな枝がない状態だったので、葉が伸びるのも蕾がつくのも他のバラより遅め。

他のバラが満開のタイミングでようやく小さな蕾をつけてくれました。


DSC00824.JPG


蕾を付けてくれたので、この枝は大丈夫。

ちょっとホッとしながらも、毎日、頑張れ、頑張れ〜と応援する日々。


DSC09471.JPG


応援したのが効いたのか花が大きくなって、去年と同じぐらいの大きさになり満開を迎えました。

ボリュームがあるので花の重さで下を向いてますね。


DSC09512.JPG


もちろんいい香り。

満開になったのは嬉しいけど、枝が一本しかないのでちょっとさみしいか〜と思いつつ水やりていると嬉しい発見が。

新しいシュートが伸びてるじゃないですか。


DSC08398.JPG


ここまでくると、完全復活と言ってもいいんじゃないでしょうか。

”復活のルージュピエールドゥロンサール”とか口に出してみると、何かアニメ映画のタイトルみたいな感じがしました。

よし、この新しい枝がもっと伸びてきたら折れないように誘引してあげよう。

一番花が終わったら、追肥を施して夏に突入。


DSC00836.JPG


ルージュピエールドゥロンサール は夏でも元気。

ポコポコ花が咲くので、枯れる前に花を摘んで家で楽しみましょう。

それにしても復活して良かった。








posted by コヒ at 11:47 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月12日

パシュミナの開花 〜 2年目 〜


今年も無事に パシュミナ が開花しました。

パシュミナは優しい花の色とコロコロとした形が好みなんですよね。


DSC09507.JPG


このバラの去年の開花の様子は↓のリンクです。

パシュミナの開花


蕾の付き始めは、静かな様子。


DSC08400.JPG


やっぱり、いくつも蕾がついているのを見ると、期待が高まります。








数日も待っていたら蕾が咲いてくれました。


DSC09510.JPG


他のバラは蕾のまま開かないこともあったりするのに、パシュミナはちゃんと花開いてくれますね。

まだ、経験が浅いので何とも言えませんがこの調子で育ってくれるといいなと思います。


バラ苗 パシュミナ フロリバンダローズ 【京成バラ】四季咲き カップ咲〜ロゼット咲 白花 薔薇

新品価格
¥3,576から
(2017/6/12 14:41時点)





この調子で咲いてほしいなと思っていたら、とうとう満開になりました。


DSC09539.JPG


相変わらず愛らしい花の形。

匂いはありませんが、それを補って余りあるのが房咲きの性質でしょう。


DSC09542.JPG


我が家のベランダでも、花数が多く咲いてくれるのが嬉しいんですよね。

最近、切り花にも向いているのに気づきました。


DSC09578.JPG


妻がリビングに飾ってくれたパシュミナ。

隣のピンク色の花は、オーバーナイトセンセーション。とても香りが強いミニバラ。パシュミナといっしょにすることで見た目も香りも良くなりました。


DSC09580.JPG


切り花にしてから数日立ちますが、意外にこのままの形をキープしてくれている感じ。

ただ切り花にするときは、花の周り少し緑になってくると花が散ってしまうので早めに切り花にするのがオススメ。

う〜ん、そうなると、咲ききる前に切り花にするのはどうでしょうか?

そんなことを想像しながら次の開花を楽しみにしたいと思います。








posted by コヒ at 15:08 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月03日

ビブラマリエの開花


我が家のベランダにもバラの開花シーズンが到来!!

去年に引き続き 【 ビブラマリエ 】 が開花しました。


DSC09492.JPG


2年前の冬に大苗で購入して、去年に初めて開花を迎え、それから1年後再び花をつけてくれましたね。

無事に育ってくれて良かった、良かった。


バラ苗 ビブラマリエ! 国産新苗4号ポリ鉢 ハイブリッドティー (HT) 四季咲き大輪 白系

新品価格
¥2,484から
(2017/6/3 11:29時点)






さて、去年の様子とくらべてどうでしょうか?

ビブラマリエ(バラ)の開花


これは、去年開花した際の写真。


DSC00026.JPG


写真だとわかりづらいですが、去年の方がちょっとサイズが大きい気がします。

去年、開花したときは、まず枝が1本だけグングン伸びて開花したので栄養が集中したのかもしれませんね。

ただ、今年はこんな感じの枝が4本ぐらい伸びて、それぞれの枝の先で開花をしてくれたので株全体としてボリュームが増えました。


DSC09501.JPG


本数が増えても、枝の高さは同じで1m以上。


DSC09534.JPG


隣のパシュミナと比べると60〜80cmぐらい差があります。

さすがハイブリットティーローズ、鉢植えで育てても背が高い。

そういえば、ビブラマリエ の大きな特徴として香りが強いことがありますが、うちの子もちゃんといい香りで咲いてくれました。


DSC09503.JPG


この間、香りが強いなぁと感じたことがあったんですが、ベランダ側の窓を網戸にしてリビングで新聞を読んでいたときに、ベランダからビブラマリエの香りがリビングにも漂ってきたんですよね。

『おぉ、これは、すごい。』といい歳して、感動してしまいました。

寄せ植えで育てる花と違って、一年、また一年と楽しめるのもバラの良いところ。

もう少しベランダで咲いている姿を鑑賞したら、切り花にしてお家のリビングに飾って楽しもうと思います。








posted by コヒ at 11:43 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする