2017年04月08日

日本フラワー&ガーデンショウに行ってきました。

バラの苗を探していると、ちょいちょい検索結果にヒットするのが フラワー&ガーデンショウ

パシフィコ横浜でやっているということで、一回行ってみたかったんですよね。

今年の開催期間は、4月1日(土)〜4月3日(月)

週初めは妻と『大岡川の桜まつりにでも行こうか。』と言っていたんですが、桜が全然開花していなかったんで、フラワー&ガーデンショウに予定変更することにしました。

2017テーマ展示は “バラ” ということで、300円割引券がついているチラシを握る手にもついつい力が入ってしまいます。


入場料を払って会場へ。

早速お出迎えをしてくれたのは、 ダブルノックアウト でした。


20170408_011.jpg


ノックアウトシリーズは、初心者にオススメなバラで検索するとよくヒットするので、名前は知っていましたが実物を見たのは初めて。


>●予約新苗● ダブルノックアウト (FL赤色) 国産苗 新苗 ● 【四季咲き.木立.中輪房咲き.フロリバンダ】 【バラ苗】※5月末までにお届けの予約新苗 《IR》 バラ 薔薇 ばら 薔薇苗 ばら苗 バラ苗 苗木

価格:2,280円
(2017/4/8 13:26時点)
感想(6件)





ネットの写真を見た印象だと 『花が小さいのかな?』 と思ってましたが、実物を見たらそんなイメージと違って大きいので驚きました。

やっぱり咲いているバラを見てみるもんですね。

もちろん、バラだけじゃなくってバラと一緒にいろんな花が展示されていました。

よくわかりませんが、こういうのをイングリッシュ・ガーデンと言うんでしょうか?


20170408_003.jpg


展示会なので当たり前なんですが、全部、鉢植えで準備されていてその数に驚きます。


20170408_002.jpg


我が家のベランダガーデンでは、ここまで密集して育てるのは難しいんでしょうけど、こんな風に上から下まで高さが違う草花が植え付けられている様子はすごく参考になりました。


これも一度見てみたかった、ヨハネ・パウロ2世


20170408_000.jpg


花の大きさは我が家のビブラマリエと同じぐらいかちょっと大きいぐらいかな。

いい香りでした。


バラ苗 ヨハネパウロ2世 国産大苗6号スリット鉢 ハイブリッドティー(HT) 四季咲き大輪 白系

新品価格
¥3,024から
(2017/4/8 13:12時点)





隣のブースに飾られていたのは、花山吹


20170408_006.jpg


京成バラ園芸から2016年に発表されたばかりのとても新しい品種のようでした。


バラ苗 花山吹(はなやまぶき) 国産大苗6号スリット鉢 ハイブリッドティー(HT) 四季咲き大輪 複色系

新品価格
¥3,024から
(2017/4/8 13:14時点)





複数色の花びらでボリュームがありながら、形がきれいなのもあるんでしょうけど、新しい品種の珍しさも手伝って、他のお客さんも足を止めてじっくりと鑑賞していたような気がします。


鑑賞に疲れたら、カフェコーナーで休憩でも。


20170408_007.jpg


・・・盛況だったので残念ながら座れなかったんですが、花に囲まれたティータイムは気分がいいでしょうね。


なんだ?ねじ巻きの植木??

記念撮影をする人が多かった展示物は、全国都市緑化よこはまフェアの紹介でした。


20170408_008.jpg


よこはまフェアも楽しみだなぁ〜。里山ガーデンもオープンしたしお花見が終わったあたりで言ってみたいスポットです。

会場には、いろんな園芸メーカーのブースが立ち並んでいたので、花の展示を見て回るだけでなく新商品などを手にとって『フムフム、欲しいなぁ』と見ているだけでも楽しいのですが、やっぱり立ち止まってしまったのは京成バラのブース。


20170408_010.jpg

この可愛いバラは、ファンシーローラ という名前。

切り花にもよく使われる花持ちの良いバラだそうです。


>【生花】SPバラ ファンシーローラ(淡いピンク)[10本]

価格:1,940円
(2017/4/8 13:17時点)
感想(3件)




切り花用の苗の販売って、なんか珍しい気がするなぁ。


そういえば今度映画が公開される「美女と野獣」にあわせて赤いバラも飾られてました。


20170408_005.jpg


さすがに立派なバラだなぁ〜。お話と違って全然散らなそう。

そういえば、ブースでは飾られているだけでなくもちろん販売もしていましたので、バラの苗をお買い上げしてきました。このバラの苗は今度紹介します。


こんな感じで日本フラワー&ガーデンショウは、展示だけでなく買い物もできて満足満足。

その他にも、いろんな場所で寄せ植え体験 等も開催されていて気軽に参加することも可能だったので、また来年も行ってみたいとおもいます。


20170408_004.jpg


バラが主役でしたが盆栽もありました。渋いなぁ〜。あと2〜30年したらチャレンジしようかな。








posted by コヒ at 10:52 | Comment(0) | バラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月04日

ミニニンジンの種まき

4月に入って ミニニンジン(ピッコロ)の植え付けをしました。


DSC07391.JPG


ミニニンジンは生で食べれて美味しいので好きです。

でも、植え付けのシーズンになると種を撒いては発芽せずに失敗し、発芽してもなかなか大きくならずに失敗する。。。

伸びてくれたと思ったらうどんこ病?にかかって復活せずに全滅。。。

葉っぱが伸びてホッとしていると根?が5cmぐらいにしかならずにがっかり。。。

等と、数々の失敗を繰り返して来ました。

ミニニンジンは 『プランターでも育てることができて難易度が低い。』 と紹介されていることが多いのですが・・・何故に・・・。

まぁ、失敗を恐れずに今回も懲りずに挑戦しましょう。


さて植え付けに用意したのは60cmの深型プランター。


DSC07383.JPG


ちょっと調べると根菜なので深さがあるものの方が良いようですね。

今、我が家で空いていた60cmぐらいのプランターと言うとこの深型しかないのでこれを使います。


プランターの容量は22リットルと書いてあるんですが、普通に土を入れるとすると24〜25リットルぐらいでちょうどいい感じに。


DSC07381.JPG


そういえば、ブログを見てみると去年の今頃に秋植えのミニニンジンを収穫してますね。


ミニニンジンの収穫


種の袋の裏に書いてある注意書きを見ると、種まき方法は ”筋蒔き” と書いてあったので、3つの筋を作りました。


DSC07392.JPG


間引きして5cmぐらいの間隔を作ることを考えると、このぐらいで丁度いい感じだと思います。


種まきに使ったのは、【ミニニンジン ピッコロ】という種類。


DSC07391.JPG


タキイ種苗 ミニニンジン ピッコロ

新品価格
¥238から
(2017/4/4 21:40時点)





今年は、桜の開花もちょっと遅いせいか寒い日が続いています。

ミニニンジンの発芽〜生育は15度〜22度ぐらいなので、今の気温だと発芽しない可能性があるかな?と思ってプランターに保温カバーを付けることにしました。


DSC07396.JPG



渡辺泰 野菜育苗・保温カバー 菜園プランター用

新品価格
¥516から
(2017/4/4 21:46時点)





この保温カバーですが、安い割に考えて作られており、天井の方が網で作られているので蒸れません。


DSC07398.JPG


網の部分を洗濯バサミで閉じれば、保温力が上がるそうです。

残念ながらアブラムシには効果がありませんが・・・発芽には効果があるはず。


失敗が多いミニニンジンですが、今年は失敗の経験を活かしてちゃんと育ってくれるといいな。






posted by コヒ at 21:52 | Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月26日

ガーデンシクラメンの開花


我が家の ガーデンシクラメン が開花しました。


DSC07380.JPG


ガーデンシクラメンは多年草。

去年、寄せ植えに使ったガーデンシクラメンですが、花が散った後で鉢植えに移して地味に育ててたんですよね。

秋冬の寄せ植え

DSC05093.jpg

多分、この寄せ植えの一番奥の花です。


ガーデニングコーナーに並ぶ苗は、真冬には満開になっているんですが我が家の苗は3月に入ってようやく開花しました。

丸1年間育てたあとで花が開花したといっても、水はけを良くするために鉢底石をきっちり入れた植木鉢に移して水やり・たまに液体肥料をあげただけ。

夏熱く・冬寒く・日当たりが悪いという我が家の過酷なベランダ環境ですが、そこは耐暑・耐寒性があるガーデンシクラメンなので特に弱る素振りもなく育ってくれた気がします。

流石に真夏の直射日光には弱いようですが、日当たりが悪いことが幸いしたかもしれませんね。


さて、開花の様子です。


DSC07044.JPG


日が当たる方が花つきがいい感じがするので、花つきが悪いほうが陽に当たるように半回転して置いておきます。


DSC07045.JPG


葉の中に蕾が隠れているので、蕾が伸びる際に葉っぱが邪魔になる葉っぱを切っときましょうか。


DSC07049.JPG


これが伸びるともっと見栄えが良くなるんだよなぁ〜と思いながら2週間ぐらい様子をみていると、スクスク伸びて花が咲いてくれました。


DSC07050.JPG

一年前の寄せ植えに使ったときの画像。


DSC05093.jpg


比べて見てみると、やっぱり一年経つと苗も大きくなって見栄えも良くなったことが一目瞭然。

花の数も3倍ぐらい多くなったんじゃないでしょうか。

DSC07380.JPG


花持ちが良いため冬の主役として活躍してくれるガーデンシクラメンは、4月すぎには残念ながら花がなくなってしまいますが、それから育て続けるとまた楽しめることがわかりました。

毎年、色が違う苗を増やしていったら面白いかな〜、と想像も膨らみます。

ちょっと調べてみたら、花から種が取れるので、種が開花すれば増やすことも可能らしい。

う〜ん、今まで花がら摘みしているときは種なんか見たことなかったけど、本当に種を取って植えれるんだろうか?

ただ育てるだけじゃなくって、違った楽しみ方があるようです。

そんないろんなことを考えながら、今年のガーデンシクラメンの花を眺めて楽しみましょうか。









posted by コヒ at 14:24 | Comment(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする